相続の窓口

平成27年1月1日から資産税強化の流れが始まりました。資産家の方にとっては、とても気になるところといえます。  相続には遺言をはじめ、遺産分割や財産評価、申告や納税等、さまざまなプロセスがありますが、そのプロセスの過程で、弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士など様々な専門家が関わるケースがあります。専門家には様々な得意分野があり、深い知識を持っておりますが、『相続』の場合は、『まとめ役』がいたほうが交通整理ができて良い場合もあります。つまり相続全般の『コーディネーター』としての役割です。最近このようなサービスが他社においても増えているようですが、弊社においても専門分野の『お金』という観点から特に土地持ちの資産家を中心とした『相続』のトータル的なコーディネートを行い『相続』でお悩みの方の少しでもお手伝いができたら考えております。


(ご相談は ☎03‐5456‐5343【代表】)お気軽にお問い合わせください

【弊社の資産家の方に対するアドバイスのポイント】
・弊社提携税理士【資産税関係専門】や弁護士によるセカンド・オピニオン
 【節税の余地があるかどうか?】
・土地の有効活用に関するセカンド・オピニオン
・相続対策に対するセカンドオピニオン など



資産税強化の流れが本格化しつつあります。弊社のご相談者(資産家)の多くは、ほとんどが地主の方です。具体的な相談内容としては、『相続対策に対して顧問税理士等はいるものの、客観的にまだ節税の余地があると思われるので資産税の専門家の税理士を紹介していただきたいといったご相談』『相続全般のセカンドオピニオンがほしいといったご相談』や『不動産会社から土地の有効活用の提案を受けているが資金計画として大丈夫か教えてほしい』といったご相談が多くを占めます。相続対策のご相談につきましては、弊社提携の弁護士・司法書士・税理士がおりますので、ケースバイケースでチームで解決していきます。


資産3億円超の資産家(地主)の方は、平成28年中初回1時間無料相談実施中‼ 

相続税額の具体例(配偶者と子2人の場合)
相続財産【課税価格の合計額】(法定相続分で分配した場合)
            改定前        改定後     アップ
・ 1億円       100万円     315万円    215万円
・ 3億円       2300万円     2860万円    560万円
・10億円    1億6650万円   1億7810万円   1160万円
・20億円    4億 950万円   4億3440万円    2490万円 


◇ 弊社の資産家ご相談者の主な悩み ◇
資産家の方の中でも地主さんは、先祖代々その土地に居住し、自分の代で土地を減少させたくないと思われていたり、かつて土地の有効活用で以前失敗して悩んでいらしたり、一般の方とは異なる数多くの悩みを抱えていらっしゃいます。弊社のご相談者にはかつて遺産分割で失敗された方や節税対策に失敗された方などもいらっしゃいます。
相続対策としての有効な対策は、保険や不動産などが一般的に考えられますが、偏らない対策が重要と考えます。また、生前贈与の対策も併せて必要になるケースもありますが、キャッシュフロー【特に資金繰り】も重要ですので、   多角的な対策が必要と言えます。
弊社提携弁護士・税理士とともに悩みを解決していきましょう!!

前のページに戻る

このページの上部へ