住まいの窓口

独立して15年以上経過し、大手不動産会社野村不動産・東京建物・三菱地所や大手ハウスメーカーミサワホーム等のモデルルームのFP個別相談会にて『住まいの資金相談会』でFP相談スタッフとして大変お世話になり、数多くのご相談者の方と接して感じたことは、物件の良さは感じているものの将来設計を通じて教育資金や老後資金についての『資金不安』があることです。

弊社の住まい(資金相談)の窓口は、中立公正な立場から、教育資金計画や老後資金計画等今後のライフプラン等をお伺いして、まずは、『マイホーム購入可能価格』を算出することからスタート致します。




【住まい(資金相談)の流れ】

 ◇ FP(ファイナンシャルプラン二ング)業務 ◇
教育資金計画・老後資金計画等も含めた人生設計(資金計画)から『マイホーム購入可能価格』を算出

(※不動産を購入検討途中で予算が気になり、資金不安からマイホーム計画中止の無駄を省くことができます。)  
(※独立系FPによる個別相談なので、保険の勧誘等を気にせず安心して個別相談を受けることができます。)

【ご希望の物件が今後のライフプランを考慮して購入可能かどうか?資金計画から診断致します。】
(※ご希望に応じてキャッシュフロー表を作成いたします。)
                              

◇ バイヤーズ・エージェント業務 (ご相談者様の有料オプションサービスとなります) ◇
(バイヤーズ・エージェントとは、物件探しから調査・確認、契約交渉に至るまで買主様の立場にたってさまざまな物件購入のサポートを行うサービスです。)

🌸ご相談者様のご要望により、マンション・戸建購入のメリット・デメリットを客観的に買主の立場にたってアドバイス
                ⇓
🌸ご相談者様のご要望により、お客様がご検討されている不動産をご一緒に見学しながら、客観的にアドバイス
  (※ご希望により大手不動産会社や大手ハウスメーカー、提携不動産会社等のご紹介も可能です。)
                ⇓
🌸ご相談者様のご要望により、ご検討されているマイホームに関して1級建築士による耐震診断や建物診断、不動産鑑定士による評価、宅地建物取引主任者等による書類関係のチェック等を行う。
  (※『耐震も含めて建物の状態が気になる』『不動産の価値は?』『不動産を購入する際の契約書の内容について注意点を知りたい』等の場合に有効です。)
  (※物件によっては、調査に限界がある場合もありますので予めご了承ください。)
                ⇓   
🌸FPによる住宅ローンの提案や団体信用生命保険を中心に生命保険の見直しなど家計のスリム化をご提案



弊社からマイホーム購入ご検討者様へのご提案として、米国発のバイヤーズ・エージェント業務【不動産買主代理業】とFP【ファイナンシャルプランニング】とを上手にご活用いただくことをお勧めいたします。中立公正なご相談を受けることができ、資金のご相談から不動産購入の実行援助に至るまでワンストップサービスの実現が可能になり理想のマイホーム購入が可能になります。

                                  

【不動産購入後の主な失敗例 】
・土地を購入しハウスメーカーで建物を建てようと思ったが土地を購入する際に思った以上にお金がかかってしまい、結果として充分な建物の予算がとれず、せっかく大金を支払ったにもかかわらず理想の住宅とは異なる建物となってしまった。
・価格重視でマンションを検討したが駅から遠く非常に不便で車が手放せなくなり、かえって車の年間コストが以前に比べ高くなりかえって生活がしにくくなった。
・若い時に価格重視で中古戸建を購入したが、老朽化により建てかえを検討している。老後の資金も心配で建てかえるための十分なお金を捻出できない。                                                            など

(ご相談は ☎03‐5456‐5343【代表】お気軽にお問い合わせください)

前のページに戻る

このページの上部へ